生活支援課

福祉の総合相談窓口として、ちょっとした身近な困りごとから、複合的な課題など様々な相談を受け、相談者と共に関係機関とネットワークを構築しながら、問題への解決へと繋げていきます。また障がい者や生活困窮者、認知症の方などが、安心した生活を送っていくために、必要な支援を行い、権利侵害を防止していくための取り組みを行っていきます。

実施事業

1.ふれあい総合相談センター事業
家庭問題、福祉問題等生活全般に関わる悩みごとやどこに相談してよいのか分からないこと等あらゆる相談ごとの窓口です。
2.資金貸付事業(たすけあい資金貸付金・生活福祉資金貸付金)
低所得者や高齢者、障がい者の生活を経済的に支えるとともに、必要な相談支援を行います。
3.日常生活自立支援事業
高齢や障害により、一人では日常の生活に不安のある方が地域で安心して生活が送れるよう、利用者本人との契約に基づき、福祉サービスの利用援助を中心に、日常的な金銭管理を行います。
4.法人後見事業
認知症、知的障がい、精神障がい等によって物事を判断する能力が十分でない方に対し、西都市社会福祉協議会が法人として成年後見人等になって、その方の判断能力を補い、安心して日常生活ができるよう支援を行います。