在宅福祉課

訪問介護係

介護保険サービス事業

1.居宅介護支援事業
誰もが、住み慣れた地域で自分らしい生活を送る事が実現できるように支援していく事を目的として支援していきます。その為に、介護保険制度等の利用だけではなく、セルフケアの啓発等にも取り組みながら、必要に応じてさまざまな制度を活用し、地域とのつながりを持ち続ける事ができるよう地域支援や総合支援事業を視野に入れた事業に取り組んでいます。
    • ●対象となる方

      介護保険の認定を受けておられる方
      認定を受けていない方も、介護に関することで困りごとがある時は御相談下さい

    • ●受付時間

      月曜~金曜 8時30~17時15分

2.要介護認定調査事業
西都市から委託を受け、主に施設関係へ出向いての認定調査を行っています。
3.訪問介護事業
要介護1~5及び要支援1~2の認定を受けられ、日常生活に支障があり支援の必要がある高齢者にケアプランに沿った身体介護、生活援助のサービスの提供を行っています。
4.障がい者生活サポートセンター「なごみ」
障がい者・児またはその家族からの相談を受け、日常生活の自立や社会参加に向けた支援を行います。
5.軽度生活援助事業
要介護認定で「非該当」と認定された方で高齢者のひとり暮らし、高齢者のみの世帯等、心身が虚弱等により自立した日常生活を行う上で援助が必要な方にサービスの提供を行っています。

障害福祉サービス

1.居宅介護
日常生活に支障がある障がい者を対象に、サービス等利用計画に沿った身体介護と家事援助、通院等介助の提供を行っています。
2.同行援護
視覚障害により移動に困難を有する障がい者が、外出時において従業者が同行し移動に必要な情報の提供や移動の援護等、外出時に必要な援助を行います。
3.移動支援
西都市が移動支援事業の対象者を認めた障がい者に、対象のなる社会生活上必要不可欠な移動及び余暇活動等の社会参加のための支援を。行っています。

通所介護係

1.通所介護事業(地域密着型通所介護)
要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活が営む事が出来るよ生活機能の維持又は向上を目指し、必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行い、社会的孤立の解消及び心身機能の維持並びに利用者の家族の身体的精神的負担の軽減うを図ります。
また、趣向を凝らした野菜作りや季節の行事を取り入れています。
2.地域福祉生きがい活動支援事業
家に閉じこもりがちな在宅の虚弱高齢者にたいして、市内のデイサービスセンターにおいて、給食、入浴、機能訓練、趣味活動、生きがい活動等の各種サービスを提供し、心身機能の維持や孤立感等の解消を図ります。(週1回を限度)
  • 【対 象 者】

    おおむね60歳以上の閉じこもりがちな虚弱高齢者で、介護保険の要介護認定において「非該当」と判定され、本要綱目的に該当する方。

  • 【利 用 料】

    1回の利用につき3,000円(利用料・送迎)要しますが、うち1割相当額の300円と実費負担として給食代400円、入浴代200円を負担していただきます。